MENU

シミウスが口コミと効果で人気

 

シミウス〜ゆるやかな美白効果

 

30歳代〜40歳代以降のお肌の悩みランキングの上位に必ず入ってくるのがシミです。

 

生活していると紫外線は多かれ少なかれ何らかの形で浴びてしまうので長年の間に出てきてしまうものですね。

 

シミウスジェルのシミへの働きかけについて、シミウスは「医薬部外品」に該当します。

 

美容効果を謳った「化粧品」とお薬である「医薬品」の中間にあたるものですね。

 

短時間でシミを除去するレーザー治療のように即効性のあるものではありませんが、一定量の効果のある成分が含まれていますので、ゆっくり、ゆっくりと症状が改善されていきます。

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)が行われるごとに段々とダメージを受けた部分が消えていき新しくできた細胞はシミウスの美白成分の働きかけで、今までより良い状態で肌に表れてきます。

 

筆者も2〜3週間くらい経過してから初めて「少し薄くなったのでは・・・?!」と気が付きました。

 

それ以降もゆっくりゆっくりと良い方向に向かっている感があります。

 

シミウスに含まれるプラセンタ等の美白成分と、マッサージ機能でシミが予防できるのですね。

 

レーザー治療で綺麗になった後も、何らかの予防措置をしないと再度シミができる可能性は否めません。

 

シミのない明るいお肌だと、実年齢より若く見られてうれしいですね。

 

気が付いたらいつのまにかシミの無い美しいお肌になっているように、改善していきましょう。

 

 

何故スパチュラが付いているの?

 

メビウス製薬のシミウスジェルについてくるスパチュラについて、解説いたします。

 

皆さんあまり気にされないのですが、実は手には雑菌が多くいます。

 

薬用の石鹸で30秒以上洗っても、菌がゼロになることはほぼありません。

 

そして手をきれいに洗ってもその後に使うタオル、これにも雑菌は潜んでいます。

 

洗いたてのタオルでも、です。

 

つまり、手についた雑菌をゼロにすることはできないんですね。

 

さて、雑菌のついた手を容器に入れ化粧品を取り出すとどうなるでしょうか。

 

指が触れた部分から雑菌が繁殖し、容器の中の環境が非常に良くないものになってしまいます。

 

そして雑菌の繁殖した化粧品は肌荒れなど、トラブルの原因になります。

 

そこで大事なのがスパチュラなんです。

 

スパチュラを使用することで、化粧品を常時衛生的に保つことができるんですね。

 

ですから、きちんとした化粧品メーカーはみなスパチュラをつけています。

 

お客様のことをきちんと考えているかどうか?これがスパチュラの有無でわかってきますね。

 

 

これで大丈夫?マッサージする力とは

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルの使い方は、朝と晩にジェルを塗り、同時にマッサージを行うだけ。

 

お肌のターンオーバーを正常に促進して、より早くシミを体外に排出してくれるシミケアコスメです。

 

このシミ対策に重要なポイントとなるマッサージは、一体どのくらいの力加減で行うべきなんでしょうか?マッサージの力加減は、数字で表せるような基準がなく、迷ってしまう方も多い事でしょう。

 

間違っても、強い力でマッサージすれば、より浸透してシミが消えるかも?なんて危険なことはしないでくださいね。

 

強すぎる力でマッサージしてしまうと、反対にそれがシミを招いてしまう事にもなりかねません。

 

顔は、薄い筋肉の表情筋がたくさん集まっており、強い力でマッサージをすると、お肌や筋肉に対して摩擦ダメージを与えてしまいます。

 

その結果、お肌が炎症を起こすことも。

 

さらに、お肌が炎症を起こすと、シミの元であるメラニン色素をお肌が過剰に生成してしまう…という悪循環が起こります。

 

そのため、摩擦が起こらない絶妙な力加減でマッサージをすることが重要です。

 

しかし、摩擦が起きない力加減と言われても、なかなかどの程度なのかはわからないもの。

 

摩擦を起こさない力加減は、人それぞれ個人差がありますよね。

 

例えば、乾燥が酷いお肌と潤いのあるお肌では、乾燥しているお肌の方が摩擦が起きやすいのです。

 

お肌の乾燥具合1つでも、摩擦の起きやすさが異なりますので、この力加減ならOKという基準は難しいもの。

 

でも、確実に言える事は、 SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを塗り、マッサージを行う時に、顔のお肌が引っ張られてしまう感覚があれば、それは力が強過ぎるので注意しましょう。

 

または、ジェルの量が少ないのかもしれません。

 

SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルは、かなり弾力があるジェルですので、商品と一緒に贈られるお手入れガイドに沿って、適量でマッサージすれば、お肌が引っ張られる感覚は起こりません。

 

量が少ないと摩擦の原因になりますので、注意しましょう。

 

乾燥肌であり、お肌が弱いという方のマッサージを例に挙げるとするなら、お肌に優しく触れる程度の力加減で十分です。

 

マッサージと言っても、構えず優しく触れる程度でかまいません。

 

今まで、エステ店などでプロの美顔マッサージを受けた事がある方は、イメージしやすいかもしれませんね。

 

適量のSIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを使っていれば、お肌の上を指が滑る位の力加減でも、マッサージ効果はきちんと得られるのです。

 

 

スパチュラも大切です

 

メビウス製薬のシミウスジェルに添付されているスパチュラは実は非常に大切なものなのです。

 

意外な盲点なのですが、手には多くの雑菌が付いているのです。

 

例えば、薬用のせっけんで30秒以上洗ったとしても完全に除菌できるというのは不可能なのです。

 

さらに、手をしっかりと洗っても、濡れた手を拭くタオルにも雑菌がいます。

 

そのため、手に付いている雑菌をゼロにすることは不可能なのです。

 

その雑菌が付いている手を化粧品の容器に入れて中身を取り出すことによって、触れた部分から雑菌が繁殖してしまうのです。

 

そして、容器の中は雑菌まみれになるのです。

 

その化粧品は雑菌によってお肌のトラブルの原因にもなってしまうこともあるようです。

 

そこで重要となるのがスパチュラです。

 

スパチュラを使用することで直接化粧品に手を触れることなく中身を衛生的にキープすることが可能となります。

 

そのため、きちんとしたコスメメーカーはスパチュラ添付していることが多いのです。

 

使用する方のお肌のことをきちんと考えて設計されているかどうかは、スパチュラが添付されているかされていないかでも判断できるのです。

 

 

シミウスの効果が出るまでの時間について

 

最近よく耳にします「シミに効果がある」シミウスホワイトニングリフトケアジェルですが、その効果はどのぐらいで現れるのでしょうか?シミは、ある日突然消えるわけではありません。

 

シミ自体幾重にも重なっているので、肌のターンオーバーにより一緒に少しずつ剥がれることで少しずつ薄くなっていくのです。

 

そのため、シミが薄くなったと実感できるのは、かなり後になってしまいます。

 

特に大きくて濃いシミは当然シミの層も厚いため、シミに対しての効能に特化した化粧品を使っても、その効果はなかなか実感できないかも知れません。

 

小さくてもシミは1ヶ月以上使わないと効果を実感する事は難しく、大きくて濃いシミならそれ以上に時間を要すると考えられます。

 

また、3か月目ぐらいから効果を実感し始める方が多いと口コミ情報からわかります。

 

口コミで効果がないと言われている方は、1ヶ月以内の方が多いことから、効果を実感する前に使用をやめてしまわれたのだと考えられます。

 

ですが、肌の色については効果が早く出ますので、明るくなったと実感される方も多いはずです。

 

肌のターンオーバーのサイクルが乱れることによって、角質が剥がれず残ってしまうことから、自分の本来の肌色より濃くなってしまう場合があるのです。

 

簡単に言いますと肌の色が濃く見えるのは、健康な肌に比べ角質が幾重にも重なっているのが原因となっているということです。

 

そこで、シミケアホワイトニングリフトケアジェルでケアすることにより、肌の新陳代謝を助けターンオーバーのサイクル速度が正常に戻るのです。

 

それによって「剥がれ落ちるべき古い角質」がスムーズにはがれ、幾重にも重なって重くなっていた肌の層が本来通りに戻ることで「自分の本当の肌色」になり、肌が白く実感できるのです。

 

シミと違って、肌の色が白くなったと実感できるのが早いのはそのためです。

 

これらの事から、ホワイトニングリフトケアジェルを使っている方で、シミに対する効果を感じられなくても、肌が白くなってきたと実感できた方は、使い続けることをお勧めします。

 

シミへの効果は、まだ目に見えて現れていなくても、肌が明るくなっているというのは、古い角質が剥がれている証拠でもあります。

 

ジェルの成分が確実にシミに対して働いていますので、効果が現れるのも時間の問題だと思います。

 

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ